民泊届出・登録、簡易宿所営業、旅館・ホテル営業許可申請代行センター

まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。 お申し込みはこちら

客室の有効面積の基準について

64c6103a1092189520590f3148659262_m以下の表は、客室に必要な面積(1定員あたり)になります。これを客室有効面積と呼びます。

例えば、旅館・ホテル営業では、客室3㎡に2人の客を宿泊させることはできません。

客室の床面積の算定に当たっては、建築で使用する壁芯のものとは異なり、内のりで算定します。

また、寝室その他の宿泊者の睡眠、休憩等の用に供する部分が客室有効面積ですので、浴室の面積は含みません。

 

 

営業形態 客室有効面積
【旅館・ホテル営業、下宿営業の場合】 1 人当たりの客室有効面積は3㎡ 以上必要です。
【簡易宿所営業の場合】 1 人当たりの客室有効面積は 1.5㎡ 以上必要です。

 

アイサポートにお任せください!
まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

↓電話番号をタップして発信できます↓

0120-717-067

受付時間 平日9:00〜18:00 お気軽にご連絡ください