民泊届出・登録、簡易宿所営業、旅館・ホテル営業許可申請代行センター

まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。 お申し込みはこちら

旅館・ホテル業法の許可や民泊の届出が必要な施設とは?

85d32f25b5cc3ca8187d676ad70a0ac8_m旅館・ホテル業法の許可や民泊の届出が必要な施設は、下表の4項目の全てに該当する場合です。

旅館・ホテル業と短期賃貸借の違いにつても、下記の4つの要件を基に考えます。賃貸借との間には、グレーゾーンとなっている営業形態もありますが、基本的には、下記の要件に該当するのであれば、旅館・ホテル業許可や民泊の届出をする必要があると考えられます。

具体的には、旅館・ホテル業の許可や民泊の届出が必要な具体例をご覧下さい。

  • 宿泊料を受けていること。

(宿泊料としていなくても、電気・水道等の維持費の名目も事実上の宿泊料に該当します)

  • 寝具を使用して施設を利用すること。

(寝具は、宿泊者が持ち込んだ場合でも該当します)

  • 施設の衛生上の維持管理責任が営業者にあるものと社会通念上認められること。
  • 宿泊者が、原則、宿泊する部屋に生活の本拠を有さずに、営業しているものであること。

 

アイサポートにお任せください!
まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

↓電話番号をタップして発信できます↓

0120-717-067

受付時間 平日9:00〜18:00 お気軽にご連絡ください