民泊届出・登録、簡易宿所営業、旅館・ホテル営業許可申請代行センター

まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。 お申し込みはこちら

旅館・ホテル業許可や民泊の届出が必要となる具体例

e934ad078b8b700a062e349113b697bb_l旅館・ホテルペンション、簡易宿泊所、下宿を経営したい場合、旅館業許可申請を行い、都道府県知事の許可を得る必要があります。

また、民泊を行いたい場合も、都道府県知事に届け出る必要があります。

これらの違いは、構造設備等により、旅館・ホテル営業、簡易宿泊所営業、下宿営業、民泊、特区民泊の5つに分かれます。

構造設備の基準については、旅館・ホテル業法の施行令で定められています。

その他、各都道府県の条例により構造設備の基準や衛生措置の基準が定められているので、施設所在地の保健所等に確認が必要です。

以下が主な違いです。

旅館・ホテル営業 宿泊施設としての構造及び設備を設けてする営業。  洋風のホテルや、和風の温泉旅館などが該当。
簡易宿泊所営業 宿泊する場所を多数人で共用する構造及び設備を設けてする営業。 ベッドハウス、山小屋、スキー小屋、ユースホステルの他カプセルホテルが該当。
下宿営業 1月以上の期間を単位として宿泊させる営業。
特区民泊  東京都大田区や大阪など、地域が限定されている民泊  最低宿泊日数制限などの制約もあります。
民泊  空き物件の有効活用として、年間最大180日まで(条例により制限あり)宿泊用の施設として活用できる。 たまにしか使用しない別荘

相続したけど住んでいない空き家

転勤の間の不動産の活用

 

アイサポートにお任せください!
まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

↓電話番号をタップして発信できます↓

0120-717-067

受付時間 平日9:00〜18:00 お気軽にご連絡ください