民泊届出・登録、簡易宿所営業、旅館・ホテル営業許可申請代行センター

まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。 お申し込みはこちら

旅館・ホテル営業を行うための許可基準

210103旅館・ホテル営業を行うための具体的な構造の基準は以下のようになります。

ほかにも、衛生基準および、共同施設についての要件を満たす必要があります。
なお、各自治体によって、基準に若干の違いがありますので、営業場所の自治体に必ず確認が必要です。

客室

客室数
1室以上であること
床面積
客室の床面積はベッドを置かない場合は7㎡以上、ベッドを置く場合は9㎡であること

定員数
他の客室を通行しないで出入りすることができる構造であること
玄関帳場・フロント
原則設置義務あり。以下のすべてを満たす場合は設置しなくてもよい。
(1)事故発生などの緊急時に迅速な対応がとれる態勢が整備されていること
(宿泊者の求めに約10分程度で職員が駆け付けられる態勢を想定)
(2)ビデオカメラなどによる鮮明な画像で宿泊者の本人確認や出入りの状況の確認が常時可能なこと
(3)鍵の受け渡しが適切に行われること(必ずしも手渡しの必要はない)

その他

学校等の敷地の周囲おおむね100mの区域内にある場合は、客室又はダンス若しくは射幸心をそそるおそれがある遊技をさせるホール等が見えないよう、さえぎることができる固定式の設備を有すること
客室,その他適当な箇所に,くず入れを備えること

 

アイサポートにお任せください!
まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

↓電話番号をタップして発信できます↓

0120-717-067

受付時間 平日9:00〜18:00 お気軽にご連絡ください